洗濯機の汚れ撃退&設置方法

洗濯槽のカビを撃退

洗濯物がカビ臭い、そんな思いをした人もいるのではないでしょうか?
実はそれ洗濯機の中にカビが発生しているせいかもしれません。

ここではそんな憎いカビの対策と予防についてお伝えしたいと思います。

カビ対策には酸素系漂白剤を

カビがもし生えてしまったら取り除かなくてはなりません。
かといって普段は洗剤に洗われてもびくともしない奴らなので、強力な手段を用いる必要があります。
それが酸素系漂白剤です。

まず洗濯槽にお湯を注ぎます。
そして酸素系漂白剤を入れます。あとはしばらく放置しましょう。すると頑固なカビも浮き上がってきます。

酸素系漂白剤は汚れを綺麗にして殺菌する力があります。カビなどひとたまりもありません。

カビ予防には乾燥と、日頃の掃除がモノを言う

カビ予防はかなり難しいです。
カビに有効とされているのは、カビのエサを与えない、カビが生えやすい生育環境を整えさな無い方法が挙げられます。

しかし、カビのエサである、衣服の汚れや食べかすは衣類の洗濯をしている以上は避けられません。
カビの生えやすい生育環境にさせないようにするのも、つねに湿気のある洗濯機では難しいでしょう。
しいてあげるなら、「洗濯槽の蓋をできるだけ開けておく」ぐらいでしょうか。

効果的だと考えるのは、先にあげた酸素系漂白剤を使うことです。

これを数ヶ月ごとによることにより、汚れを残さない。
そして菌も増やさない環境を維持することが結果的に予防に繋がります。

意外と汚れている!洗濯機の排水口の掃除方法

洗濯機の排水口を掃除せずに放っておくと、洗濯機がエラーを起こす原因になったりします。
今回はそんな洗濯機の排水口回りの掃除について解説させていただきます。

まず、排水口が見えるように洗濯機を移動させましょう。これをしなくては始まりません。
少し重たいかもしれませんので、二人で移動させることが望ましいです。

まず、扇風機の形のような排水口の蓋を外します。
次に、筒状の「排水トラップ」を外します。

排水トラップを外すとゴミがたまっていたり、ヌメリがあったりすることがあります。歯ブラシ、またはスポンジを使ってまずはそこをきれいに掃除しましょう。

排水トラップを掃除したらまた排水トラップを戻します。
このとき注意しておきたいのが、排水トラップを戻すときに水(水道水でOK)を入れてあげる必要がある事です。
これをするとしないでは大違い!もし水を入れてないと臭いがあがってきてしまいます。

そして水をいれたらきちんと戻して、ロックしてあげましょう。これも大事です。
ロックをしないと水漏れや、臭いの原因になってしまいます。

最後に蓋をしめ、洗濯機をもとの場所に戻してあげましょう。それで作業は終了です。

洗濯機を移動させる際にはケガをしないよう気を付けてくださいね。

一般的な洗濯機の設置方法

洗濯機の設置についてお困りではありませんか?
業者に頼んでもいいですが、お金もかかりますし、通販など自分でしなきゃならない場合もあると思います。
今回はそんな洗濯機の設置方法について解説します!

1.アース線

まず初めに、アース線を取り付けます。
アース線とは、理科の実験で目にしたこともあるかもしれません。電化製品によくついている緑色の配線のことです。

アース線は洗濯機には必ずついています、どこについているかというと、洗濯機の後ろ側です。確認してみてください。
これは感電や火災を防ぐためのものですのでなるべく設置するようにしましょう。

設置前には電源のコンセントを抜き、アースターミナル付きのコンセントを探し、蓋を開いてそこにアース線の銅線を巻きつけるだけです。

2.排水ホース

次に排水ホースですが、取り付けには注意してください。きちんと設置しないと水漏れの原因になります。
洗濯機には、手前以外の三方向のいずれかから排水ホースが伸びています。そして、その排水ホースと排水エルボを接続しなければなりません。

排水エルボとは排水口と排水ホースをつなぐ管で、排水ホースの折れを防止する役目があります。
エルボで固定した排水ホースを排水口に接続すれば完了です。

3.給水ホース

次は、給水ホースを取り付けましょう。
給水ホースの先端はつまみのようになっています。それで下にスライドさせ蛇口とかみ合うようにしましょう。

そして下にスライドさせたまま、蛇口の奥までしっかり差し込みましょう。

最後に洗濯機側にも給水ホースを取り付ければ、洗濯機の設置は完了です。

このページの先頭へ