トイレの汚れ一掃方法

トイレの黄ばみ黒ずみを綺麗にしよう!

普段部屋などは掃除していてもついさぼりがちになってしまうのがトイレの掃除です。

しかしトイレは日常的に使用するものであり掃除をさぼれば「黄ばみ」や「黒ずみ」などの汚れが発生してしまいます。
見た目にも不快ですし健康にもあまり良い物でもありません。

これらの汚れが発生しないように日頃から掃除をするのが一番ですが、発生した以上はそれをしっかり除去しましょう!

さてこれらの汚れですが、大抵の場合非常に頑固な汚れでありブラシでこすった程度では落ちてくれません。
そういう時に便利なのが柑橘類などに含まれている『クエン酸』です。

クエン酸は普通に販売されていますので、それを水で溶かしてトイレットペーパーなどに浸して汚れに貼り付けます。
数時間放置すると汚れが落としやすくなっていますのでブラシで擦って綺麗にしてしまいましょう。

さて黒ずみの原因はカビであることが多くその発生源はトイレタンクであることが多いです。
その場合はトイレタンクの中に『重曹』を投入しましょう。

大匙1杯ほどでトイレタンクの中の水カビを除去してくれます。

以上がトイレの黄ばみ黒ずみを綺麗にする方法です。
材料も手軽に入手できますし簡単に行えますので、トイレの汚れが気になった時には一度試してみてはいかがでしょうか?

タンクの内部を綺麗に保とう!

普段トイレ掃除を細目に行っているという人でも、トイレタンクの中までは気にしていないという人もいるのではないでしょうか。

しかしタンクの中も定期的に掃除をしてあげないと、カビの温床になったりとトイレの汚れの要因になってしまいます。
正しい掃除方法を学んで忘れずに綺麗にしてあげましょう。

さてトイレタンク内部を掃除するにあたって最初にすべきことはタンクの蓋を外す事です。
その時、外して放置してしまわないで、まずはその裏を掃除しましょう。

裏側にはカビが発生していることは良くあります。
中性洗剤をトイレクリーナーなどに浸して、丁寧に汚れを拭き取ってあげましょう。

さて蓋を綺麗にしたらいよいよ内部です。

まず止水栓を閉めた状態でトイレを流しタンク内の水を抜きます。

その後にスポンジに中性洗剤を付けて内部を洗っていきます。
汚れの濃い場所や細かい個所などは歯ブラシを使ってごしごしとしてやりましょう。

汚れが落ちたら止水栓を開けて水を少し溜めます。それを流して洗剤泡を流してしまいましょう。

そして最後の仕上げに登場するのが「重曹」です。
これを大匙一杯ほどトイレタンクに入れておくだけでカビを除去して、さらに流す事で便器にも同様の効果をもたらします。
予防の為にも定期的に投入しておきましょう。

以上がトイレタンクの内部を清掃する方法です。快適な生活の為にも思い出した時にトイレタンクも綺麗にしましょう!

トイレ掃除のおススメグッズ

近年はさまざまなお掃除グッズが出ていますが、トイレ掃除におススメのグッズはどんなものがあるのでしょうか。

まずは日頃マジメにトイレ掃除をされている人向けに紹介したいのが、レックの「フチ裏みえ~る!トイレブラシ」です。

頑張って掃除をしていても、見ることが難しい部分が便器のフチ裏です。
本当に汚れが取れているのか心配だという人も多いのではないでしょうか。

この商品はブラシにミラーが付いていて、フチ裏を見ることができるんです!
汚れの落ち具合を確認しながら掃除ができるのでしっかり落とすことができ、達成感も感じられます。

次は、トイレ掃除をついついサボってしまう人向けに紹介したい商品です。
その名も小林製薬の「トイレ洗浄中さぼったリング」です。

トイレ掃除をサボると、便器内の水溜りの部分に黒ズミができてしまうことありませんか?
アレが「さぼったリング」です。
ブラシで擦るだけではなかなか落ちないんですよね。

こちらは、洗浄剤の強力な発砲パワーで黒ズミや黄バミを洗浄・除菌するという商品です。
粉末の洗浄剤を便器に入れて1時間ほど置いて、後は流すだけ!
擦ったりする必要はありません。

自宅のトイレで「さぼったリング」を発見したらぜひ一度使ってみてください。
ただし塩素系洗剤のため取り扱いには注意しましょう。

このページの先頭へ