トイレが詰まった時の道具別解消方法

ラバーカップでトイレ詰まりを直そう!

トイレというものは人間にとって不可欠なものですが時折それは詰まってしまい困った事態をもたらします。

そんな時に解決してくれるのがラバーカップです。

ラバーカップって何? と思う人もいるかもしれませんが通称でスッポンとかパッコンとも呼ばれている先端にゴムカップのついた棒の事です。
トイレに行けば目にしたことのある人は多いでしょう。

さて困った事態である『トイレ詰まり』もそんなラバーカップを正しく使用すればすぐに解消することが出来ます。
しかし用意する前に一つだけ確認すべきことがあります。
ラバーカップには「洋式用」と「和式用」がそれぞれあるので家のトイレに合ったものをきちんと用意しましょう。

ラバーカップを用意したらトイレの排水部分を包むようにしっかりと押し当てます。
この時隙間などが出来てはいけないのできちんと密着させるように押し当てましょう。

ちょうどよい塩梅に出来たら押し込みます……この時に隙間なく密着できていれば引き抜いた時に水が吸い寄せられます。
これを繰り返していくことで詰まっているものが動かされ正しく流れるようになるのです。

ラバーカップを使う際のコツはゆっくり正確に行っていくことです。
無造作に何度も繰り返しても意味はありません。正確に密着させて繰り返していきましょう。

以上がラバーカップを使ったトイレ詰まりの解消方法です。
いざという時はこれを思い出してすぐに解消しましょう。

強い吸引力の真空ポンプで詰まりをすっきり解消!

ご家庭の水洗トイレは、トイレットペーパーの芯や小物といった「流してはいけない物」を流してしまった場合だけではなく、一度に多量のトイレットペーパーを流すだけでも案外詰まってしまうものです。

実はこのトイレの詰まり。下水へ通じる排水管ではなく、便器の中にある水路が詰まっている場合が多いのです。

このような詰まりの場合、『真空式ポンプ』と呼ばれるタイプの吸引機を用いることで、業者に依頼せずご家庭で簡単にトイレの詰まりを解消することができます。

真空式ポンプと言うのは大型の水鉄砲、あるいは注射器のような形をしています。
ラバーカップに比べ吸引力が非常に高く、特に強い吸引力を持つ商品はプロの業者にも愛用されているほどです。

使い方としては、便器の中に水があることを確認し、尖端についているカップを便器の中の穴にしっかり押し当てます。
そして、手元のハンドルを勢いよく引き上げるだけ。

もし便器の中に水がない場合は、バケツなどで吸引カップよりやや上になるぐらいまで水を入れて下さい。
水が入ることでカバーがぴったりとフィットし、十分な吸引が得られるようになります。

一回で詰まりが解消されないようならば、数回押したり引いたりし、水を流して流れるか様子を見ます。
ただし、トイレットペーパーの芯のような固形物の場合は、必ず便器に戻ってきたものを除去してから水を流すようにしましょう。

ワイヤーブラシを使う際のポイント

トイレの詰まり解消に使われる『ワイヤーブラシ』は、長いワイヤーの先端部分で汚れをかき取ったり、詰まった異物を押し込んだり、引き出したりする道具です。

これを使う前には、便器内部の水を汲み出して減らし、汚水飛び散り防止のためのビニールをかけます。
このビニールに開けた穴からワイヤーブラシを入れ、詰まりの原因を目指すわけですが、ただまっすぐ押し込むのではなく、先端が螺旋を描いて進むようなイメージで、うまくひねりを加えるのがポイントです。

ワイヤーが柔らかい場合、動かし方が悪いと複雑にねじれてしまうこともありますから、現在の状況を想像しながら進めなければいけません。

詰まりの原因に到達し、これを解消した手応えがあったら、すこしずつ水を流して確認します。
その後は慎重にワイヤーを引き戻し、ビニールを外せば作業終了です。

ラバーカップでは効果が薄い場合に使われるワイヤーブラシですが、その分扱い方は複雑になっています。
単純に押し当てて引くだけのラバーカップに比べ、ワイヤーを適切に操作するのは難しく、場合によっては汚水の通り道を傷つけ、新たな詰まりの原因を作ってしまう可能性もあります。

ですから、ワイヤーブラシを使う前には、本当に他の手段では無理なのか、よく考える必要があります。

また、うまく詰まりを解消できない時や、器具の扱いに不安がある場合には、専門の業者に依頼することも検討しましょう。

このページの先頭へ