キッチンシンク丸ごと掃除方法

重曹を使ってシンクをピカピカに!

キッチンシンクはどうしても汚れが溜まり易く掃除してもなかなか汚れが落ちない厄介な場所です。

その為掃除をするのが非常に面倒だと感じてしまいつい掃除をさぼりがちになりますが、重曹を使用してキッチンシンクを掃除すると簡単に汚れが落ちピカピカの状態にすることができます。

重曹は料理などに使用するものですが、その成分は弱アルカリ性のため油汚れや水垢などのしつこい汚れを浮かび上がらせ簡単に除去することが出来ます。

しかも重曹には研磨作用もあるため、重曹を使用してシンクを磨けばこびりついた汚れも削り落とし、シンクを綺麗な状態にすることが出来ます。

重曹の使い方としては適量をキッチンシンクに振りかけて濡れたスポンジなどで擦るようにして磨くだけ。みるみる汚れが除去されていきます。
蛇口などを磨く際には重曹を水に溶いて重曹水を作り、それをスプレーなどでかけて磨けば複雑な場所の掃除も簡単に行えます。

重曹を使用したキッチンシンクの掃除は誰でも簡単に出来ますが、重曹自体に研磨作用があるため磨きすぎには注意です。
シンクを傷つけてしまうことも有りますのであまり擦りすぎないように注意することと、手袋を使用して手荒れなどが起きないようにすることも必要となります。

アルミホイルで排水口を清潔に!

キッチンの掃除をする際に一番気になるのが「排水口のぬめり」です。
これは非常に臭いですし手で触れた感触も非常に不快です。
そのせいでついつい放置しがちになってしまいますがそうするとさらに悪化してしまいます。

ここは正しい掃除方法を学んで綺麗にしつつ予防もしてしまいましょう。

さてそもそもあのぬめりがなんなのかというと、あれは食べ物のカスに発生する微生物やその排泄物が集まったものです。
ですのでそこで食べ物を扱う以上はその発生は防げません……というわけでもないのです。

実は家庭のどこでもある「アルミホイル」を使う事であのぬめりの発生を抑えることが出来るのです。

何故アルミホイルが有効なのかというと、アルミホイルから発せられる金属イオンに秘密があります。
実はぬめりの原因となる微生物はこの金属イオンが大の苦手なのです。
故に丸めたアルミホイルを排水口に放り込んでおくだけで、ぬめりの発生を大きく防ぐことが出来ます。

しかしこれはあくまで発生を抑えるだけです。
そもそもの原因は食べ物のカスで、排水口のごみ受けにそれが詰まることが原因です。

そうなると中々ゴミをとるのが大変ですがそんな時は水を溜めたバケツにごみ受けを入れて振ってやりましょう。
これだけで詰まっていたほとんどのゴミは綺麗に取れます。

それでも取れない場合はブラシを使いましょう。水の入ったバケツの中でこすってあげるとさらにキレイに取れていきます。

キッチンを清潔に保つことは健康の為にも意味があります。汚れを放置せずにマメに掃除を行っていきましょう!

台所の排水パイプもキレイにしよう!

台所の排水口は食べ物のくずや油などを毎日流しているため、気をつけていないとすぐに汚れてぬめりが出たり悪臭を放つようになります。
そうならない為には日常の掃除と、月に1回程度は少し手をかけた掃除をするようにしましょう。

日常の掃除はなるべくゴミを取り除くこと。
汚れが気になる時は排水口カゴや排水口を、ブラシを使用し中性洗剤で洗うようにしましょう。

排水口に「重層」や「クエン酸」を振りかけて30分程度置いておき、その後熱湯で流すだけでも臭いと汚れに対して効果があります。

汚れが酷くなってきた時の掃除方法は、排水口を覆っている排水口カップを取り外して排水パイプまで汚れを取るようにします。

用意するものはゴム手袋と、ブラシと、使い古しの歯ブラシ、洗剤や排水口クリーナー等です。

排水口カップは下水からの臭いを防いでくれるものですが、しばらくすると内側にヘドロのようなぬめりがついてしまいます。
これも悪臭の原因になるのでゴム手袋をした上で洗剤とブラシを遣って綺麗にします。
排水パイプも届く範囲までは歯ブラシを使用してぬめりを取りましょう。

その後排水口クリーナーを入れ、規定時間おいた後に十分な量の水を流します。
この際に排水口クリーナーではなく、重層を振りかけた後に「お酢」を加え放置した後熱湯をかけても綺麗になりますし、こちらはエコな掃除方法になりますよ。

ゴミや汚れが溜まると水道管が詰まってしまうこともありますので、定期的に掃除をしてきれいな状態を保ちましょう。

このページの先頭へ