お風呂掃除完全マニュアル

重曹・お酢で浴室の水垢を完全除去

浴室の掃除はするけども、「水垢」ができてなかなか取れず困ってしまうこともあります。
窓がない浴室ですと換気が十分に出来ませんから、どうしても浴室内が湿ってしまい水垢が出来る要因にもなってしまいます。

水垢は擦っただけでは除去できないですし、無理にアルミなどのスポンジや研磨剤の入ったクレンザーを頻繁に使うと浴室の壁や浴槽を痛めてしまいます。

ですので、簡単な方法としては浴槽であれば、”重曹もしくはお酢”を準備し水垢部分にかけます。
30分ほど放置して置き、最後に水やお湯で流せば水垢が除去できます。

市販の洗剤を使用するのであれば、浴室用合成洗剤が水垢落としとして使用できます。

どうしても除去できない場合は、クレンザーで擦り取ることになります。
ただし、クレンザーは先程も話したように何度も使用すると傷つける可能性がありますから、酷い汚れになる前に重曹やお酢で除去するのが好ましいです。

鏡や蛇口の水垢を落とすには、酢を使ったり、洗剤であれば酸性洗剤を使用します。
これも少し時間が経ってから洗い流すとよく取れます。

また、浴室の水垢を除去するタイミングしだいで楽に除去できるかどうかの差が出ます。
大抵の方はお風呂掃除をお風呂に入る前にされているかと思います。
ですが、お風呂に入った後にお風呂掃除をすると、浴室が温まっていて汚れが取れやすいというメリットがあります。

生活スタイルが合えばお風呂掃除のタイミング変更も方法の1つです。

歯ブラシで排水口も隅々までお掃除

浴室の排水口は汚れが貯まりやすい部分でもあり、放置しておくと悪臭がしたり、さらには詰まりの原因になる事もあります。
ですから、普段から掃除も適度に行っておく事が大切です!

排水トラップには専用のヘアキャッチャーがありますが、定期的にゴミを取り除いておく事も必要です。

その浴室のタイプによっても異なりますが、封水筒や排水ピース、ワッシャー、ゴムパッキンなどは取り外しができますので、ゴム手袋で手を保護しながらスポンジや歯ブラシ等で丁寧に洗っておきましょう。
この時に”クエン酸や重曹”を使うと効果的です。

重曹とクエン酸を振りかけ、上からぬるま湯を流しそのまま数分放置します。
発砲作用で排水口内部も綺麗になります。

さらに、ぬめり汚れの予防になるのが”アルミホイル”です。
排水口付近に丸めて置いておくと、金属イオンが発生しますので、ぬめりの発生も防ぎ排水口を清潔に保ちます。

また、ヘアキャッチャーは目が粗いので、専用のネットやミカンの梱包に使われるネットなどを取りつけると、排水口の詰まりを予防できます。

さらに、同時に浴槽排水口の汚れも点検し、整流ピースやフィルター、排水栓を取り外し歯ブラシなどで掃除をしておくと良いです。
浴槽排水口もメーカーによって形状が異なりますので、取扱い説明書などで事前に仕組みを確認しておきましょう。

カビや雑菌なども防げますので普段からのこまめにお手入れを行うようにしましょう。

お風呂のエプロン内部も思い切って掃除しよう!

アパートやマンション等のお風呂では、よく浴槽と床が離れていてエプロンで隠しているものがあります。
そんな浴槽の下は思っている以上に酷く汚れています。

エプロンで隠れているためにその場所を知らない人も多いのですが、そんな状態で放っておくと衛生面でも決して良くはありません。
そこで私が実践している掃除の方法を紹介したいと思います。

準備するもの

洗剤、ブラシ、スポンジ、使用済みの歯ブラシ、高圧洗浄機(あれば)、ゴム手袋(手が汚れるので)

作業手順

①換気扇、窓等を開けて、浴槽のエプロンを取り外す。

②汚れている箇所(浴槽下・エプロン裏)にあらかじめ洗剤をふって、30分以上放っておく
※細かい部分にも洗剤が行き届くようにしっかりと散布しましょう。

③ゴム手袋を着用する

④ブラシやスポンジなどで擦って汚れを取っていく。
※この時に高圧洗浄機があれば、非常にスムーズです。

⑤細かい部分はブラシもスポンジも届きにくいので、使用済みの歯ブラシを使って丹念に擦っていきます。

⑥エプロンの裏側もブラシなどで綺麗にする。

⑦洗い残しがないように、シャワーなどでしっかりと流していく。

⑧エプロンを取り付ける。

以上が浴槽下のエプロン内部を清掃する際の作業手順です。
大体、半年~1年に1度ぐらいの頻度で清掃することが好ましいと思います。

高圧洗浄機は、インターネットやホームセンターでコンパクトタイプが1万円前後で販売されています。
他の掃除にもとても役立つので、金銭的に余裕があれば購入するのもおすすめです。

見えないから…と放置せず、しっかりカビを取り除いて気持よくお風呂に入れるようにしましょう!!

このページの先頭へ