洗面所のトラップからの水漏れ修理依頼

武蔵野市吉祥寺北町のお客様より、「洗面所のトラップから水漏れしているので直してほしい」と、お電話にてご依頼を頂きました。

日曜日でこの後の時間もご在宅とのことでしたので、早速準備し向かいます。

お電話でご依頼を頂きました際に、念の為洗面台のメーカーと何年頃に建てられた住宅なのかを、事前に確認させて頂きました。
万一、トラップの交換が必要な場合、メーカーや年代によってトラップのタイプや径が異なる為です。

推定される数種類のトラップを持参して急行いたしました。

お客様のご自宅へ着き、早速点検させて頂きました。
トラップからの水漏れは、多くは排水管とトラップを繋ぐナットの緩みが原因です。

先ずは、ナットを点検しましたが緩みはなく、水漏れはトラップに入った経年劣化による僅かなヒビ割れと分かりました。

割れてしまうと、交換となりますので、その場でお見積りしお客様にご確認頂きました。
ご了承いただけましたので、すぐに交換作業に入ります。

ヒビ割れしたトラップを外し、排水管だけになった部分に新しいトラップを取り付けました。

トラップはメーカーや年代毎に、いくつかの種類に分けられるのですが、お客様からお伺いしていた情報から、持参した数種類の中に適合するタイプがありました。

このようにトラップからの水漏れは、悪い状態でも交換によって改善することが出来ます。

弊社は平日だけでなく土曜日曜祝日も対応可能です。
7時から24時まで受付しておりますので、お気軽にお申しつけ下さい!

水を流すと音がするトイレの調査依頼

武蔵野市境南町のお客様から依頼があり、トイレの水を流すと変な音がするので調べて欲しいとのことで、すぐにお客様宅に向かいました。

詳しくお話を聞くとトイレの水を流してからヒューという音がするようになり、しばらくそれが鳴り続けるようです。
タンクに水が溜まるまで鳴り続けるので気になって仕方がないということでした。

水は普通に流れているので排水のつまりではないようですし、水を流して給水している間ということはタンク内ではないかと疑い、調べることにしました。

タンクの蓋を開けてみると、ボールタップ部分にゴミが詰まっていたのでこれが原因かもしれないと思い、タンク手前のフィルターの掃除をしました。

そして、再び水を流してみると音がしなくなりました。
詰まりにより水流の変化による音ではないかとの判断ができました。

ちょっと水圧が強いように思いましたので、止水栓のところをドライバーで回して水量調整をして使いやすいようにしました。

とりあえず音はしなくなったので、これでしばらく様子を見てもらい、また変な音がするようになったら電話をしてくださいということを伝えました。

お客様からは「こんなに早く解決して良かった!また何かあったらお願いします」と感謝の言葉をいただきました。

お風呂のサーモスタットバルブの交換依頼

武蔵野市御殿山のお客様からご依頼を頂きました。
「お風呂のサーモスタットが故障したので直してほしい」との事です。

お客様はアパートにお住まいの若いご夫婦で、奥様からお電話を頂きました。
2日ほど前に、シャワーから熱いお湯が出ない事に気づかれたそうです。

その後ご主人様が給湯器や温度調節ハンドルを調整されましたが、改善されなかったようで、結果サーモスタットの故障と判断され、当社へご相談頂きました。

ご連絡頂いてから20分ほどでお客様宅に到着しました。
アパートは2階建てで、きれいに管理されています。

さっそくお風呂場へ駆けつけ、サーモスタットをチェックしました。
水漏れなどはありませんが、温水が出てきません。
確かに給湯器や温度調節ハンドルの問題ではなさそうです。従ってサーモバルブの故障と判断しました。

バルブの交換となりますので、お見積りし、ご確認頂きました。
お願いしますとのことでしたので、早速交換作業を始めました。

まず止水栓を止め、ハンドルを外します。
バルブはビスでとめてあるタイプではなく、差し込みタイプのものでした。

ナットを外してサーモバルブを引き抜き、新品のバルブと交換し再び組み立てます。
組立後、止水栓を開けテストすると、問題なく温水が出てきました。
やはりバルブの故障だったようです。

作業は20分ほどで終了しました。
「こんなに早く終わるなんてビックリです」とお客様も驚いておられました。

この度は当社へご依頼頂き、誠にありがとうございました。

このページの先頭へ